スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥の時期

こんにちはー!! すっかりご無沙汰しています!
全然ブログ更新できずごめんなさい

でーーも、もちろんずっとメディカルアロマはおこなっています

なかなか時間がとれずブログは更新できていませんが、ちゃんと活動していますので(笑)

とはいえ、やはり夏場って湿気があるんですよね!再確認しました。

だって、私も娘も全然クリームとか必要ない(笑)

私の娘は本当に皮膚が乾燥しやすくて、少しでも乾燥すると痒くて痒くて眠れないほど

つい先日までクリームなくても気持ち良く眠れていました。

ですが
先週くらいからでしょうか。

寝る時に唇の乾燥を感じてリップを欲する私。

寝る時に体温が上がって皮膚のかゆみを訴える娘。

ほぼ同時期でしたので秋がやってきたんですね!

そしてむしむし夏の時期からカピカピ乾燥の冬へ

たった1日で足の皮膚をかき壊してしまった娘

もう今や毎日朝晩クリーム塗り塗りです。

そんなことを感じていたら、いつものお客様が続々とアロマの発注をくださいました


皆様乾燥感じられたんでしょうね!!

メディカルアロマで作成したラベンダークリーム、ベビちゃんにも安全に使用でき、しかもしっとり潤い効果バッチリ♪

おすすめです

ご興味ある方どうぞご連絡くださいね!
スポンサーサイト

花粉症に!

こんにちは(*^^)v

今日は晴れかと思っていたらポツポツつ冷たい雨・・・

でもこの時期の雨って花粉症をお持ちの方には恵の雨なのだとか!?

晴れて風が吹くと本当にみんな辛いと話しています。

幸い私は花粉症がないのですが、花粉症の方は本当に辛そう

目がしょぼしょぼ、鼻がムズムズしてすごーーーく不快だとか。。

さて!毎年の恒例となってしまいましたが(笑)  やっぱりとっても好評なのが花粉症などのアレルギーを抑える抗アレルギージェル

抗ヒスタミン効果のあるジェルです。

【精油】
・タナセタム :βピネン(コルチゾン作用) 、 カマズレン(皮膚の抗掻痒作用・消炎・抗ヒスタミン)

・カモマイルジャーマン :カマズレン(皮膚の抗掻痒作用・消炎・抗ヒスタミン)

この二つはとっても独特な香りのする精油です。

正直私は苦手な香りなのですが、アレルギーで苦しんでいらっしゃる方は「全然イケル!」そうです(笑)


花粉症などのアレルギーは、花粉などのアレルゲンが体内に入りこむ事により、体の免疫が働き、そのアレルゲン(花粉など)に対し、異物反応が起きます。


お医者さんで花粉症のお薬をもらった場合、これはいわゆる抗ヒスタミン剤と言われるもので、痒みの元であるヒスタミンが体から出ないようにするお薬です

この『抗ヒスタミン剤』は飲み始める時期がとっても重要

抗ヒスタミン剤は痒みが出る前から飲み始めないと効果がないんです

一度痒みが出始め体に炎症反応が起きてしまうと、中々抗ヒスタミン剤では痒みが収まらず、ステロイドを内服しないと体の炎症は中々収まりません。

一般的には花粉症の症状が出る1ヶ月前から投薬開始です

その他、痒みや炎症を抑えるのに以下の精油をブレンドします。

・ペパーミント :メントール(鎮静・知覚麻痺) 、 メントン(鎮静)

・ラベンサラ :1.8シネオール(消炎・免疫調整) 、 αテルピネオール(抗炎症)

・ユーカリラディアタ :1.8シネオール(消炎・免疫調整)

軽度の花粉症には上記3つの精油をブレンドしたジェルを手首やお鼻の周りに1日2ー3回塗ると効果があります。

その他、
・ローズマリーカンファー : αピネン(コルチゾン作用※) 、 1.8シネオール(消炎・免疫調整)

・ローズマリーシネオール : βピネン(コルチゾン作用※) 、 1.8シネオール(消炎・免疫調整)

※コルチゾン作用;体内で産生されるステロイドホルモンを一般的にコルチゾールと呼びます。体の炎症を抑えたりするホルモンで、コルチゾン作用とはいわゆるステロイドホルモンに似た作用を示す事を意味します

などを加えても良いです

粘膜からの吸収がとても良いのでこれらのジェルをお鼻の穴に直接塗るとより良いです

はやく花粉の時期が終わりますように!!

牡蠣のオイル漬け

こーんにちは
すごーーーく更新が遅れて反省しております

いつも読んでくださっている方ありがとうございます(^^)

今日は春みたいな気候
幸せです。

春の香り、夏の香り、秋の香り、冬の香りってなんとなくありますよね!!

今日は春のように暖かいけど、香りはまだ冬だなぁーと感じています。


さてさて!先日「牡蠣のオイル漬け」を作ったらとってもとっても美味しくてここでもお伝えします。

私は牡蠣が大好きでいつも市販の牡蠣のオイル漬けを買っていたのですが、作ってみたらとても簡単でとても美味しい

《材料》
•加熱用牡蠣(スーパーに売ってるのは100gとか150gだと思います)
•にんにく1カケ
•好きなハーブ適量
•オリーブオイル
•塩•コショウ

1.さっと洗ってペーパーで牡蠣の水気を拭き取り、フライパンに牡蠣を入れ、塩をパラパラふって、中火くらいでコロコロ。

2.牡蠣からお水がどんどん出てくるのでその水が飛んで出なくなるまでコロコロ。

3.火を止めてコショウパラパラ

4.完全に冷めたら瓶に牡蠣を入れ、にんにく1カケ入れて、ハーブを入れて、牡蠣が浸るまでオリーブオイル。

5.翌日には美味しく食べられます!

以上(^^)

ハーブは、私はその時家にローズマリーとタイムとディルがあったので少しずつ全種類入れました。

2日目以降はだんだんオイルが固まってくるのだけど、食べる分だけ室温に出すとすぐ溶けますし、そのままパンにオイル塗っても牡蠣の香りがしてとっても美味しい!!

ぜひやってみてください❤️









手袋

Merry Christmas!!

とても良いお天気

サンタさんもソリに乗って動きやすかったかなぁ~

さて、先日探していた手袋が見つかりました(笑)

なので、極力クリーム塗って手袋して保湿保湿です。

手袋が見つかるまでの間、コートのポケットに手を入れていました。

ポケットの中って結構暖かくて、これなら手袋なくてもいいなぁと思っていたりしたのですが、
先日とても素敵な女性が、キレイなコートを羽織り、手袋をつけてさっそうと歩いている姿を見て反省

やっぱり手はポケットから出して歩いた方がとても素敵なんだなぁ~と

なので、私もようやく見つかった手袋つけて歩いてます(^^)

皆さまも良い1日を

ひと手間の保湿

すごーーーくブログの更新が遅れてしまいました(>_<)

気が付けば12月も半ば。今年も終わるなぁとしんみり。

皆さまはどんな1年でしたか? 私は楽しいことがたくさんあった1年でした

もちろん、時に凹むことも多々ありましたが、ポジティブな人たちに囲まれていると、笑顔の大切さを再認識したり、日々を楽しむという事がもっと自分をHAPPYにしてくれます

来年はどんな年にしよう!と今からワクワクです

さてさて、最近本当にとーーっても寒いですね。。。
寒すぎて外では体が縮こまってしまいます。

実はこの冬、手袋がまだみつからず(笑) どこかにしまったけどどこにしまったか思い出せず

でもやはり、乾燥と冷気で手がカサカサプラスあかぎれで少し痛いです

ちょっとしたことなのですが、たとえ短い時間でも外出時はまずハンドクリームをべったりぬって、手袋をして出かけると、ほんの数分でパックした状態になり、手がしっとり保湿されます。

ふっくらやわらかい手はいいですよね(*^^)v

私は通常のラベンだクリームではなく、ラノリンクリームがお勧め!(私はカサカサなので)
ラノリンってものすごくべたつきますが、保湿効果は抜群ですし、皮膚を柔軟にさせる効果も抜群。

精油は、消炎作用のあるラベンダースピカティーツリーを混ぜたり。

皆さまも手袋付けての外出時こそ手のケアーの時間と思って楽しんでくださいね

プロフィール

サロンドフルールラロゼ

Author:サロンドフルールラロゼ
初めまして!メディカルアロマセラピストの堀江志麻です。

普段の生活に自然の恵みを取り入れてみませんか(o^^o)?

動物にも取り入れています♪ リンクの当院のblogもご覧ください


お支払いは銀行振り込みまたは
credit cardで。

ソリューション画像

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。